白髪の原因とは?対策は?

加齢が原因?食生活?寝不足?ストレス?一体、白髪の原因って何でしょうか。
白髪の原因ははっきりと科学的には解明はされていませんが、実はこれ、上記に述べた原因全てあてはまります。
加齢はご存じの通りです。
食生活はバランスのいいものを食べて、睡眠も夜のゴールデンタイムにはベットに入ってゆっくりしましょう。
ストレス、髪はストレスの影響を受けやすく、頭皮トラブルも白髪だけでなくともなっていることもあります。頭皮の乾燥、べたつき、かゆみなどの症状がある方ご注意ください。
白髪の3大原因は、メラニン不足、過酸化水素の蓄積、成長ホルモン不足といわれています。
実際、どのような対策をしたらいいのか手つかずの方が多いと思います。
美容院でまめに染める、徐々に白髪を染めるシャンプーを使用もいいです。ただ、この場合は隠しているだけでこれ以上白髪を増やさないとはいきませんよね。
ご自分のライフスタイルに合わせてこのような商品を使用しながらぜひ試してほしいのが頭皮マッサージです。
頭皮の血の巡りが悪くなると黒髪の元となる様々な栄養の運搬がスムーズにおこなわれます。
身体全体もそうですが血液循環がおこたわるといいことなしです。
髪も一緒です。
頭皮が1mm下がると顔が1cmたるむといわれていますので、頭皮マッサージを取り入れることで白髪予防のみならず顔のリフトアップも期待できます。
こめかみ部分を両手で合わせて上に持ち上げてみてください。
硬いとストレスが溜まっていると考えられます。
マッサージを施すとストレスも緩和されますよ。

 

髪が傷まないようにするために

色々シャンプーは変えているけど、髪がパサついたり、切れ毛など傷みが改善されないという人もいるかと思いますが、シャンプーも気に掛ける必要はありますが、もっと重要な事があります。

 

髪を乾かさず自然乾燥したり、シャンプーとコンディショナー以外は使っていない、ヘアカラーしても特別なケアはしていないなど、思い当たる点はありませんか?

 

美容室などでヘアカラーしたりパーマをかけたりすると、もちろん髪が傷みますが、ヘアアイロンやコテを使っても髪は傷みますし、ドライヤーの熱でも傷みます。

 

では、ドライヤーを使わずに自然乾燥の方がいいのでは?と思うかもしれませんが、髪が傷むと同時に薄毛や頭皮トラブルの原因にもなるのでおすすめできません。ではどうすれば良いのか。

 

ドライヤーでしっかり乾かす事は大切な事です。しかし、遠めから熱風をあてて、地肌から乾かすようなイメージで乾かします。そして、半分以上乾いたら、冷風で乾かします。

 

ドライヤーの熱でキューティクルが開いてしまっているので、引き締めます。手櫛でとかしながら乾かしましょう。また、週に1度は洗い流さないタイプのトリートメントを使用します。

 

特にヘアカラーやパーマをあてた後は行う事がおすすめです。また、切れ毛など毛先の傷みが激しい場合は、定期的に美容室で毛先はカットしてもらう事がおすすめです。

 

傷んでしまった髪は元には戻らないので、伸びてきたら傷んでいる部分を徐々に無くしていくと同時に、トリートメントや乾かし方をおこなえば、髪の傷みも減っていきます。